【双语新闻】樱桃小丸子作者樱桃子因乳癌离世,享年53岁

日语原文链接

『ちびまる子ちゃん』作者さくらももこさん、乳がんで死去 享年53


  『ちびまる子ちゃん』で知られる漫画家のさくらももこさんが、乳がんのため15日に死去したことが27日、わかった。享年53。メディア向けの書面や公式ブログで発表された。
  因『樱桃小丸子』为人所著知的漫画家樱桃子,在15日因乳癌逝世,享年53岁。27号作者博客上公布了这则消息。


  書面では「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます」と報告。
  公告的原文「樱桃子于平成30年8月15日下午8点29分,因乳癌长辞于世。(享年53岁)一直以来为她应援的粉丝们、一直以来承蒙关照的工作人员,深表感激、在此向大家报告这件事。」


  さくらさんは1984年に漫画家としてデビュー。ブログでは30周年を迎えた際の言葉として「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」と紹介した。
  樱桃子1984年作为漫画家出道。博客上还留着出道30周年纪念时的留言「30年的时间里,遇到了很多好的、不好的事情,我作为一个作者渡过了幸福的日日夜夜,真是感激不尽。」


  さらに「作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです」と呼びかけている。
  博文中还呼吁「非常感谢大家,让我能画出这样的作品、并为大家带来快乐。接下来也请大家继续享受这份快乐,樱桃子因为大家的这份心意而欢喜。」


  アニメ版でまるこの声優を務めるTARAKOも書面でコメントを発表。「早すぎます。まだまだやりたいこといっぱい、いっぱいあったと思います。ずっとお会いしてなかったので、私の中のももこ先生は、ずっと小さくて可愛くてまあるい笑顔のままです」と追悼した。
  动画版中担任声优的TARAKO也发表了追悼文「太突然了,还有许多许多想做的事、本以为能碰面。一直想见她却没能见到,我心中的桃子老师一直是那样小小的、可爱的、洋溢着笑容」


  なお、フジテレビは放送中のアニメについて「今後も変わらず放送を続けてまいります」としている。
  关于目前富士台正在播出『樱桃小丸子』动画,「接下来也会继续不变的播出。」


  『ちびまる子ちゃん』が掲載された『りぼん』(集英社)の相田聡一編集長は「1986年8月号より連載開始した『ちびまる子ちゃん』は、たぐいまれなギャグセンスと、親近感あふれる登場人物、そして彼らへ注がれるまなざしの温かさが魅力で、瞬く間に一雑誌の枠を超える大人気作品となりました。その誕生の舞台となったことは編集部の大きな喜びです」とさくらさんに感謝。「早すぎるご逝去を惜しむ気持ちに終わりはありませんが、まるちゃんとその仲間たちの明るい笑顔は、子どもから大人まで、読者の皆さまの心の中で、いつまでも変わることなく輝き続けます。さくらももこ先生、ありがとうございました」と追悼した。
  登载『樱桃小丸子』的杂志『RIBON』(集英社)的总编相田聪一向樱桃子表示了感谢「从1986年8月开始连载的『樱桃小丸子』,有着许多有趣令人亲近的角色,而因为这些受人亲赖的角色,这部作品没多久就成为了人气作品。作为登载作品的编辑部也因此喜出望外」并追悼说「她离开的太早了,太可惜了。小丸子和她的伙伴们阳光的笑容,在从孩童到大人的读者们心中会继续闪耀下去。衷心得感谢樱桃子老师」


  さくらさんは1965年5月8日生まれ。静岡県清水市出身。大学在学中に漫画家デビュー。代表作は漫画『ちびまる子ちゃん』『コジコジ』『神のちからっ子新聞』、エッセイ『もものかんづめ』『さるのこしかけ』など。アニメ『ちびまる子ちゃん』の主題歌「おどるポンポコリン」の作詞も手がけた。
  樱桃子生于1965年5月8日,出生地静冈县清水市。在读大学期间作为漫画家出道。代表作是漫画『樱桃小丸子』『Coji-Coji』『神家来的孩子新闻』、随笔『桃罐头』『灵芝』等等。她还作词了动画版『樱桃小丸子』的主题曲「大家来跳舞」

Last modification:August 29th, 2018 at 07:03 pm
If you think my article is useful to you, please feel free to appreciate

Leave a Comment